考えすぎの弊害とは!?無理をしないことがストレス解消の基本


物事を深く考えすぎるのは避ける

なんでも深く考えすぎてしまう人は、心労に悩まされていることでしょう。脳の機能を使いすぎてしまうので、それがストレスを招くわけです。深く考える作業はときに必要になるでしょうが、習慣化させるとストレスを誘発します。考えすぎる習慣のある人は、ストレスを解消させるのが苦手な傾向があります。積極的にストレスを解消するように努めても、それ以上のストレスが溜まっていくからです。ストレスを解消させるには、脳に楽をさせることが重要になります。考えすぎる習慣が抜けないという人は、脳を少しでも休ませるために早寝早起きをしてみてください。また入浴中は考えごとをしない、毎日瞑想をする時間を取り入れるなど、できる工夫をしてみましょう。頭のなかを空っぽにすれば、脳を休ませることができます。

完璧主義をやめるだけでストレスは軽減する

非常にストレスを溜め込みやすいのが完璧主義の人です。完璧主義の人は他人の力を借りることが苦手で、自分の力だけで物事を進めようとする傾向があります。人に頼るのが苦手なので、自分自身に大きな負担を与えてしまうわけです。また完璧主義の人は神経質な傾向が強く、それもストレスを生み出す要因になります。完璧主義が原因でストレス過多の状況にあるなら、完璧主義をやめることが先決です。まずは自分を過信することをやめて、人に頼るように意識してみましょう。仕事や家事、子育てを例にしても、うまく人の力を借りることで負担を軽減できます。よい意味で適当な性格になれれば、ストレス耐性を高められます。

品川の心療内科とは、内科はもちろんですが、その上主に精神的心の悩みを診てくれるクリニックを指しています。